2006年03月-4月

サンクステイル再取り付け

一度取り外したサンクステイルを再度取りつけようと思い、長い間試行錯誤していました。暖かくなってきたので実行することにしました。丁度、新品が半額で販売しているのを知り、発注しました。今度は白色です。

動画はこちら

商品が到着して、すぐに底蓋を開けまして、模型店で購入した白色の電線をモーターに直接ハンダ付しました。

そのコードを出す穴をサンクステイルに開けました。

付属していたワイヤーの片方を切断し、その穴からワイヤーと電線を出して、配線カバーでまとめました。

今度は後ろに取り付けることにしました。
曲面になっていたので台座には隙間が出来ています。
取り付けるとこんな感じです。
コードとワイヤーはガラスハッチの隙間から中に通しました。
穴を開けてコードを無くしたいと思っています。

サンクステイルのモーターからの電線は、マルチDCアダプターに接続しました。
スイッチ付3連ソケットにDCコンバータを接続しそのスイッチでサンクステイルのオン・オフを行うことにしました。

とりあえず助手席の前に取り付けましたが、スイッチに手が遠いので改良の余地有りです。

1.5Vでは動きが弱々しいので、3Vで動かしています。スイッチを入れている限り元気に動き続けます。
シガーソケットにスイッチ付きの3連ソケットを見つけたのでさっそく購入し試してみたら、バッチリでした。スイッチが入れやすく、これで気軽にシッポを振ることが出来ます。
落下防止のワイヤーは、左の写真のように取り付けました。
洗車の時にサンクステイルを取り外したいので、配線はDCジャックとプラグを使って外せるようにしています。

Index Previous Next